LP

一期 BLUE JEANS

1963〜1966

BUNNYS

1966〜1969

二期 BLUE JEANS

1969〜1970

三期 BLUE JEANS

19711972
19731974
19751976
19771978
19791980
1981〜
1990〜

ep

1964〜
1966〜

single

1963〜
1967〜
1970〜

tape

1968〜
1972〜
1974〜
1977〜

番外

MUSIC_1
MUSIC_2

line
お問い合せ・ご要望
Mail

Top > お宝音蔵 > BUNNYS 1966年〜1969年
バニーズ

■1966年

メンバー:寺内タケシ/LG、黒沢 博/2ndG、興石秀之/3rdG、小野 肇/b、荻野達也/Organ、井上 正/Dr

LET'S GO TERRY! バニーズ誕生 [ライナーノーツ]
A面 1. テリーのテーマ, 2. 帰らぬ誓い, 3. 黒いカーネーション, 4. もえろ、もえろ, 5. 太陽の叫び, 6. ドリーム・イン・ジ・オーシャン
B面 1. テスト・ドライバー, 2. 虹のかけ橋, 3. 空とぶギター, 4. ロンリー・ボーイ, 5. ヘイ・チャンス, 6. アイ・ビリーヴ
一言: この頃のオリジナルは最高ですね。音もいいですね。今ようなエフェクターなんか使ってなかったんでしょうね。エコーマシンだけですかね。

■1967年

正調寺内節 [ライナーノーツ]
A面 1. 勧進帳, 2. 佐渡おけさ, 3. 娘道成寺, 4. 真室川音頭, 5. 小諸追分, 6. チャッキリ節
B面 1. 元禄花見踊り, 2. ノーエ節, 3. 花笠音頭, 4. お江戸日本橋, 5. かぞえ唄, 6. 筑波山
一言: この「正調寺内節」が筆者が一番最初に手に入れたアルバムでした。エレキ嫌いの親もこのLPだとあまりうるさく言わなかった。勧進帳などは歌舞伎でも観ないかぎり曲名などは一生わからなかったと思う。

世界はテリーを待っている [ライナーノーツ]
A面 1. ライダース・イン・ザ・スカイ, 2. 朝日のあたる家, 3. 朝日のようにさわやかに, 4. 世界は日の出を待っている, 5. モーニン, 6. シャイン
B面 1. ナイト・トレイン, 2. 夕日に赤い帆, 3. ブルー・ムーン, 4. スターダスト, 5. ムーン・リバー, 6. カミン・ホーム・ベビー
一言: このアルバムも全曲すべて感心させられますね。最近この「世界はテリーを待っている」と「正調寺内節」が2in1になってブルース・インターアクションズというところからCDで出た。紙ジャケットだったが、「世界はテリーを待っている」のマスター音源使用のCDが欲しかったので、ありがたかった。なぜキングレコードはこんな名盤をCDにしないのでしょうかね。
今やバニーズのこのあたりを完璧に弾けるのはやっぱり、宇都木氏しかいないですね。
追記'14.4.11後にキングからCD化されました。

メンバー:寺内タケシ/LG、黒沢 博/2ndG、鈴木義之/3rdG、小野 肇/b、荻野達也/Organ、井上 正/Dr
レッツ・ゴー運命 [ライナーノーツ]
A面 1. 運命, 2. 白鳥の湖, 3. ペルシャの市場にて, 4. 熊蜂の飛行, 5. ショパンのノクターン, 6. 剣の舞
B面 1. 未完成, 2. ハンガリー舞曲第5番, 3. カルメン, 4. ドナウ川のさざなみ, 5. ある晴れた日に, 6. エリーゼのために
一言: このアルバムは当時、売れたんでしょうね。なにしろレコード大賞編曲賞ですからね。熊蜂とエリーゼのバズトーンにはまいった。VOXのファズでしたか。今もライブで使って欲しいです。もう、販売されてませんけど10年くらい前に販売されてたVOXのオーバードライブは同じような太い歪みが出ました。ほとんどの方がBOSSのエフェクターを使ってますが、音がやせこけてしまってます。

BUNNYS GOLDEN ALBUM [ライナーノーツ]
A面 1. 愛のリメンバー, 2. 二人の噴水, 3. 悪魔のベイビー, 4. ストップ, 5. 虹のかけ橋, 6. ロンリー・ボーイ
B面 1. 太陽野郎, 2. ワールド・ボーイ, 3. レッツ・ゴー・シェイク, 4. シェイクNo.1, 5. もえろもえろ, 6. 帰らぬ誓い
一言: 当時、筆者は親からもらう小遣いが少なかったため、レコードもあまり買えなかった。このアルバムは知らなくて出たことを知らなかった。シングル盤ではいくつか聴いていた。しかも、全て借り物。太陽野郎とB面のワールドボーイはすり切れるまで聴いて返した記憶がある。

■1968年

BUNNYS GOLDEN CONCERT
A面 1. テーマ, 2. 太陽の花, 3. ブラック・イズ・ブラック, 4. 愛のリメンバー, 5. 男が女を愛する時, 6. この胸のときめきを, 7. 太陽野郎
B面 1. 元禄花見踊り〜ノーエ節〜佐渡おけさ, 2. ピンと針, 3. ウエスト・サイド・ギター, 4. ペルシャの市場にて, 5. 津軽じょんがら節, 6. A HARD DAYS NIGHT, 7. テーマ
一言: このライブ盤も復刻盤で初めて聴いた。当時の寺内の人気のすごさはこのアルバムで確認できる。「ペルシャの市場にて」で女性のキャーという黄色い声援ですからね。ウエスト・サイド・ギターは、なぜ、シングルで出さなかったのだろうと思う。エレキ部落の大統領というテープに別テイクが入っているが(イントロがかっこいい)。今からでも遅くはないと思う。

■1969年

メンバー:寺内タケシ/G、宮間利之とニューハード、荻野達也とバニーズ、ELF WESTARN ALLSTARS




寺内タケシ エレキギターのすべて [ライナーノーツ]
A面 1. グラナダ, 2. 黒い瞳, 3. 禁じられた遊び, 4. 第三の男, 5. ジャニー・ギター, 6. 駅馬車
B面 1. マラゲーニャ, 2. ウォーク・ドント・ラン, 3. 魅せられしギター, 4. キャラバン, 5. テネシー・ワルツ, 6. ウスクダラ



一言: 2ヶ月小遣いをためて買ったアルバム。中に入っていたポスターがよかった。バニーズになってから音が変わった。ギターの音がジャリジャリした感じだ。フエンダージャガーとモズライトの違いもあるが、第二期ブルージンズ以降も同じモズライトだが音作りが違う。レコーディング・ディレクターの違いなのか。ともあれ筆者はバニーズ時代の音が一番好きである。寺内独特のアドリヴも必ず入っていたし。この以降、アドリヴがなくなってしまった。なぜ?

1969年、第二期ブルージーンズへ

Copyright© 2011 White Rock All rights Reserved