LP

一期 BLUE JEANS

1963〜1966

BUNNYS

1966〜1969

二期 BLUE JEANS

1969〜1970

三期 BLUE JEANS

19711972
19731974
19751976
19771978
19791980
1981〜

ep

1964〜
1966〜

single

1963〜
1967〜
1970〜

tape

1968〜
1972〜
1974〜
1977〜

番外

MUSIC_1
MUSIC_2

line
お問い合せ・ご要望
Mail


Top > お宝音蔵 > Single盤 1970年〜

■1970年

網走番外地/原作:伊藤 一/作曲者不詳
唐獅子牡丹/作曲:水城一狼
一言: これもLPで聴いていて、シングル盤は知らなかった。当時シングルもLPも買っていた人はすごいと思います。
さよならの朝は近い/作曲:寺内タケシ
愛の花咲く国/作曲:寺内タケシ
一言: ルイ高橋のボーカルものです。入間市の根本さんのご協力により掲載する事が出来ました。今まで北海道の岩見沢のコンサートでしか聴いたことがなかった曲です。恥ずかしながらレコードの現物を見たのも初めてです。
同期の桜/作曲者不詳/編曲:寺内タケシ
軍艦行進曲/作曲:瀬戸口藤吉/編曲:寺内タケシ
一言: 当時、このシングルが買えないので、我が町の電気店とレコード店が一緒になったような店で、3回くらいつづけて「軍艦行進曲」をかけてもらったが、店員にイヤな顔をされた。のちにLPを手に入れたが、あまり大きな音ではかけづらい。
真赤は危険/作詩:ささきひろと/作・編曲:寺内タケシ
おまえの心はガラスのかけら/作詩:ヒロコ・ムトー/作・編曲:寺内タケシ
一言: テリーディスコグラフィのMさんのご協力によってやっとジャケットが載せられました、それとB面の音源まで。とちらかというと筆者はA面よりB面のほうが良い曲かなと思ってます。両面ともルイ高橋のボーカルもんです。

■1970年 三期ブルージーンズ

明日へ行く汽車/作詞:藤田敏雄/作曲:いずみたく/編曲:寺内タケシ
愛の漂流/作詞:菊池正次/作曲:山下毅雄/編曲:寺内タケシ
一言: 右の写真はシングルに付いてきたもので、中に譜面があった。あと機関車のシールもついてきた。このシングルを買ったが、なぜかがっかりした。ブルージーンズがガラリと若返り、違和感があった。曲も歌物では・・・。ブルージーンズの先行きが不安になった。この頃から寺内物を聴かなくなり、ニューロックなどに行ってしまった。
明日へ行く汽車/作詞:藤田敏雄/作曲:いずみたく/編曲:寺内タケシ
愛のきずな/作曲:鈴木 淳/編曲:寺内タケシ
一言: 非売品のシングル盤ですが、いつ頃筆者の手元に来たのかは忘れてしまいました。両面インスト、レコーディング・リハーサル風景のものでB面の愛のきずなは「歌のないエレキ歌謡曲」の一枚目のテイクとは違います。若きし頃の御大の文法上おかしなしゃべりが聴くことができます。

■1971年

太陽は燃えている/C&M, Rigual, Vaughn, 水島 哲:詩/編曲:森岡賢一郎
思い出の歌/Argenio, Cassano, Conti, Cook, Greenaway, 水島 哲:詩/編曲:森岡賢一郎
一言: どちらもLP「明日へ行く汽車」に入ってます。ほとんどの人が原曲は聴いたことがあると思います。オーケストラバックで普通に有線などで流れていても「寺内タケシとブルージーンズ」とは思えません。当時、購入しなくてよかったと思う一枚です。購入していたら「明日へ行く汽車」の時よりももっとがっかりしたと思います。
レッツ・ゴー・ジャン・ジャン/作詩:荒木とよひさ/作曲:寺内タケシ
燃えてるジャン・ジャン/作詩:荒木とよひさ/作曲:寺内タケシ
一言: あたりまえに、当時は購入を控えました。しかし、だんだんと気になってしまい、ついに手に入れてしまいました。ジャンジャンって何でしょうか?
落葉のギター/作曲:Bobby Darin
ブルージーンと皮ジャンパー/作曲:S.Adamo
一言: この2曲は7,500円もしたLP5枚組に入っています。ジャケットはまあまあです。かっこよくはないですが・・・。
想い出発, しあわせ行き/作詩:荒木とよひさ/作曲:広瀬まさいち
涙の壺坂霊験記/作詩:前川宏司/作曲:寺内タケシ
一言: A面はLP「明日へ行く汽車」にもある曲ですがテイクが違います。B面はLP「浪花節だよ」に壺坂霊験記という曲でありますが、こちらは「涙の・・・」で当然違います。

■1972年

恋人たちの世界/作詞:村田さちこ/作曲:寺内タケシ
苦しみを何処に捨てよう/作詞:村田さちこ/作曲:Cy Coben
一言: A面はなかなか良い曲だと思いました。TV「なんたって18才」にブルージーンズが出演した時に歌っていました。
天保水滸伝/採譜・編曲:寺内タケシ
森の石松/採譜・編曲:寺内タケシ
一言: 両面ともLP「浪花節だよ」に入ってます。当時はLPもそうですが、購入しませんでした。
燃えた翼/作詞:荒木とよひさ/作曲:鹿内 孝
荒野に旗をひるがえせ/作詞:荒木とよひさ/作曲:鹿内 孝
一言: この頃のシングルはキングレコードの企画で出していたんでしょうかね。深沢ジョーを売り出すためにこんな物出して、ブルージーンズ・ファンとすればがっかりの3乗くらいでしょうか。購入しなかった筆者は口を出すなと言われるでしょうけど・・・

■1973年

ワンボーイ・ギター/作曲:寺内タケシ
テール・エンド/作曲:寺内タケシ
一言: やっとまともなシングルが出ました。これはいい曲ですね。テイク違いがLP「歌のないエレキ歌謡曲」の6枚目に入ってます。発売当時は知らなかったのですが、中古店で見つけまして、何だこれは? という感じで購入してみました。

■1974年

マジック・ファイヤー/作曲:TOM CHAPMAN/編曲:寺内タケシ
レ・マリ・デ・ママ/作曲:KOELEWN PETER/編曲:寺内タケシ
一言: 当時、これのLP「THIS IS PAPEETE SOUND "FIRE!"」を購入しました。久しぶりに御大のLPを購入という感じです。一度くらいしか針を乗せてないと思います。CDにしてからは何回か聴いたものですけど・・・バンドでやれそうなものでも無いですし・・・

■1976年

いとしのエリーナ/作・編曲:寺内タケシ
約束/作・編曲:寺内タケシ
一言: この曲はなかなかいい曲です。LPも買ったのですが、半分以上良くなかった。エリーナは我がバンドでもよく演奏しました。

■1977年

白鳥のまごころ/作曲:エーマルチノフ、アー・ジェメンチェフ
白鳥のまごころ/作曲:エーマルチノフ、アー・ジェメンチェフ
一言: A面はインストで、B面は西村 協氏のボーカルものになっています。これって一曲でしょ。
青春はぶざまな狩人/作詩・曲:寺内タケシ
青春はぶざまな狩人/作曲:寺内タケシ
一言: A面は西村 協氏のボーカルですが、B面はインストになってます。これも一曲でしょ。

■1978年

夜明けに向かって歩く/作・編曲:寺内タケシ
ステージ・イズ・オーバー/作・編曲:寺内タケシ
一言: 両面とも西村協さんのボーカルものです。厚生年金会館コンサートのライブ盤といわれるLPには夜明けに向かって歩くのインストが聴けます。

■1979年

マイ・ライフ/編曲:寺内タケシ
ジョギング/作曲・編曲:寺内タケシ
一言: この頃はLP「華麗なる寺内タケシの世界」が出ていた頃なので、こんなシングルも出したのでしょうね。なんかつまらない。
THE TOMBI/編曲:寺内タケシ
BYE BYE HORSE/編曲:寺内タケシ
一言: 三橋三智也さんとのコラボ。これは筆者的には良かった。LPのほうはこのシングルの勢いが無い。

■1980年

ルネッサンス/作・編曲:寺内タケシ
マシュラ/作・編曲:寺内タケシ
一言: スリー・エム・サウンドって、説明では「動」「神秘」「超」とうたってますが、曲を聴いても、よくわからなかった。





Copyright© 2011 White Rock All rights Reserved