LP

一期 BLUE JEANS

1963〜1966

BUNNYS

1966〜1969

二期 BLUE JEANS

1969〜1970

三期 BLUE JEANS

19711972
19731974
19751976
19771978
19791980
1981〜
1990〜

ep

1964〜
1966〜

single

1963〜
1967〜
1970〜

tape

1968〜
1972〜
1974〜
1977〜

番外

MUSIC_1
MUSIC_2

line
お問い合せ・ご要望
Mail

Top > お宝音蔵 > EP盤 1964年〜

■1964年

レッツ・ゴー クリスマス
1. ジングル・ベル  2. 赤鼻のトナカイ  3. サンタが町にやってくる  4. ブルー・クリスマス

■1965年

ビート・ビート・ビート
1. おお、プリティ・ウーマン 2. ウォーク・ドント・ラン  3. プリーズ・ミスター・ポストマン  4. ブルージーンと皮ジャンパー
グランド・ヒット・パレード
1. リトル・ホンダ  2. ドゥ・ワ・ディディ・ディディ  3. オー・プリティ・ウーマン  4. 十番街の殺人

レッツ・ゴー スイム
1. 真珠貝の唄  2. 小さな竹の橋  3. 南国の夜  4. カイマナ・ヒラ

一言: 真珠貝の唄だけがLP「モンキー・ア・ゴー・ゴー」に入っている。しかし、このジャケットは何でしょうねぇ、ダイヤモンド・ヘッドに椰子の木ですか。「スイム」というのがよくわからない。橋 幸夫の「あの娘と僕」は別名「スイム・スイム・スイム」ですが、この曲もなかなか良くて好きなんですが、「スイム」というのはリズムなんですかねぇ。橋 幸夫のとはだいぶ違うように思えますけど・・・。まぁそれはおいといて、真珠貝の唄でのアドリブはいいですねぇ。火の出るようなアドリブです。

レッツ・ゴー タンゴ!
1. 真珠採り  2. ジェラシー  3. ラ・クンパルシータ  4. エル・チョクロ

一言: このジャケットも何だコレ?
真珠採りのベースはかっこいいですねぇ。ブルージーン・ビートですねぇ。ジェラシーのイントロの工藤文雄氏のドラムは色んな曲に使ってますけど実にいい。このドラム・フレーズで工藤氏だぁと思います。このクンパルシータのテイクはいいですねぇ。これが、みんなバンドで演ってるヤクザバンドのクンパルシータにつながるんですね。まあジャケットを除けば、4曲全ていいですね。御大のアドリブもあるし。

レッツ・ゴー 歌謡曲!
1. 女心の唄  2. 忘れな草をあなたに  3. まつのき小唄  4. かえしておくれよ今すぐに

一言: この盤は最近、中古店で5,000円で買った。歌謡曲をそのまま弾いてあるのは結構つまらない。テイチクのLPで「歌謡ヒットアルバム」と似たような感じです。「忘れな草をあなたに」はブルージーン・ビートっぽくて良い。「まつのき小唄」もアドリブが入っており、これも良い。4曲中、2曲も良ければ納得ですね。「歌謡ヒットアルバム」は1曲しか無かった。筆者の独断と偏見ですが。

レッツ・ゴー ラテン!
1. チェリー・ピンク・マンボ  2. タブー  3. キサス・キサス・キサス  4. 花火

一言: また出ました。筆者の嫌いなジャケット。
タブーのアレンジはいいですねぇ。御大のアドリブと石橋氏のベースが最高です。キサス・キサス・キサスのアドリブも最高です。花火のイントロでまたまた工藤氏のドラム。もうこのEP盤は文句の付けようがありません。もちろんジャケットを除いてですが。

レッツ・ゴー・フーテナニー
1. かわいい小鳥  2. ドンナ・ドンナ  3. 雨に消えた想い  4. 500マイル

一言: フーテナニー・・・何ですかね?
この盤の曲はLP「ビート・ビート・ビート」に入っている。

BEAT CHRISTMAS
1. ホワイト・クリスマス  2. わらの中の七面鳥  3. きよしこの夜  4. 別れのワルツ

一言: 前に出た「レッツ・ゴー・クリスマス」に比べると、こちらのほうが良い。かっこいいアドリブもバンバン入っている。ジャケットは前のほうが良かったですけどね。
しかし何でこんなジャケットなんですかね。筆者が中学生の頃はレコードを買う時、ジャケットを見て、曲を見て、お金と相談して、それで買ったものですけど、当時こんなジャケットを見ても買わなかったと思う。しかも筆者の田舎では電気店がレコードもおいてあるというような店なので、このようなレコードは見たことがなかった。見た目で購買意欲がかき立てられることがあるのに、何考えてたんでしょかね。

1966年へ
Copyright© 2011 White Rock All rights Reserved