space
space
L P
line
1965〜
1968〜
1971〜
line
TAPE
line
お問い合せ・ご要望
Mail


Top > シャープ5 > 1965〜

■1965年
フォー・ナイス・ガイ! CD化
A 1. 007/ゴールド・フィンガー, 2. ロシアより愛をこめて, 3. ジェームズ・ボンドのテーマ, 4. 大脱走マーチ, 5. マンハッタン物語, 6. 荒野の七人
B 1. ある晴れた朝突然に, 2. 黄金の男, 3. リオの男, 4. 太陽がいっぱい, 5. 太陽はひとりぼっち, 6. 地下室のメロディー

■1966年
パラダイス・ア・ゴー・ゴー CD化
A 1. 007/サンダーボール作戦, 2. 木の葉の子守唄, 3. キャラバン, 4. 星への旅路, 5. ダニューヴ・ウェイヴ, 6. ロック・アラウンド・ザ・クロック
B 1. ヘルプ, 2. イエスタデイ, 3. ホワット・アイ・セイ, 4. ベサメ・ムーチョ, 5. アンチェインド・メロディ, 6. パラダイス・ア・ゴーゴー

一言: このアルバムは全曲リードギターがセンターになっている。アレンジもいい。やはりこうでなくては、安心して聴けない。しかし、キャラバンでは少しドラムソロがありますが、なぜかキーボードも入ってきている。なぜなんでしょ?これがシャープ・ファイヴ・サウンドなんですかね。ダニューヴ・ウェイヴでの低音弦でアームを使った弾き方が筆者は好きである。三根氏のミストーンが無いテクニックは最高です。

ビートルズをかきならせ CD化
A 1. ビートルズがやって来るヤァ! ヤァ! ヤァ!, 2. ミッシェル, 3. 恋を抱きしめよう, 4. ガール, 5. 恋する二人, 6. ひとりぼっちのあいつ, 7. ロックンロール・ミュージック
B 1. 蜜の味, 2. プリーズ・プリーズ・ミー, 3. 抱きしめたい, 4. シー・ラブズ・ユー, 5. 涙の乗車券, 6. イエスタデイ, 7. ヘルプ

一言: ブルージーンズもビートルズ物を出していますが、筆者はビートルズは好きですが、カバーは嫌いである。しかし、このアルバムのように三根氏のテクニックを駆使したアドリブを随所に入れてくれているのはいいですね。ブルージーンズもアドリブを入れて作ってくれたら、コピーしてバンドでも演るのですがね。ただメロディを弾いているだけですと、歌のないエレキ歌謡曲ですからね。このLPでロックンロール・ミュージックで三根氏のマシンガンのようなテクニックが聴ける。

若いギター 第1集 CD化
A 1. 涙のギター, 2. 恋心, 3. おもいで, 4. 若い明日, 5. 忘れたはずなのに, 6. 学生時代, 7. 君といつまでも
B 1. あの娘たずねて, 2. 東京流れ者, 3. さよならはダンスの後に, 4. 銀座は恋の十字路, 5. 二人の星, 6. 逢いたくて逢いたくて, 7. 夕陽は赤く

一言: 歌のないエレキ歌謡曲ですね。このアルバムは全体にイントロを聴いただけでは、何の曲か分からないのが多い。これがシャープファイブのアレンジでしょうかね。特にコレは!という曲がなく、普通の歌のないエレキ歌謡曲に感じる。
タイトルのヤング・ギターも直訳すると若いギター・・・何でしょうかね。音楽雑誌にもヤング・ギターってありましたね。
キングレコードもCDにして復刻してくれたが、3集までの寄せ集めではなく、ちゃんと一集づつCDにして欲しかった。こういう出し方が得意ですよね、キングは。
'11/6/30 ちょっと前に若いギター第1集〜3集まで一枚ずつCD化になりましたね。最初から一枚づつ出せばいいものを・・・。

ザ・サイド・ワインダー CD化
A 1. ペイパー・バック・ライター, 2. そして今は, 3. バットマンのテーマ, 4. 秘密諜報員, 5. ナポレオンソロ, 6. 電撃フリントGOGO作戦, 7. 青い瞳
B 1. ザ・キャット, 2. ジ・イン・クラウド, 3. ザ・サイド・ワインダー, 4. カミン・ホーム・ベイビー, 5. 花のささやき, 6. ミッシェル, 7. 黒くぬれ

一言: このアルバムは筆者のシャープ・ファイブ・ベスト3に入ります。もちろん当時のLPではなく、再販されたLPを買いました。筆者の好きな曲がふんだんに入っています。「ナポレオンソロ」「ザ・サイド・ワインダー」「カミン・ホーム・ベイビー」などです。ブルージーンズが演ってないということもあり、三根氏のギターも迫力があり、アレンジも良く、CDで発売された時も買いました。ジャケットもなかなか良いです。
「カミン・ホーム・ベイビー」はバニーズの世界はテリーを待っているで演ってましたが、尺八のソロでしたからね。迫力がなかった。

若いギター 第2集 CD化
A 1. ついておいで, 2. 銀色の道, 3. 赤いつるばら, 4. 銀の涙, 5. ポカンポカン, 6. キュンキュンキュン, 7. 追憶
B 1. 夢は夜ひらく, 2. 青い渚, 3. 青い瞳, 4. 若者たち, 5. いつまでもいつまでも, 6. お嫁においで, 7. 蒼い星くず

一言: 歌のないエレキ歌謡曲の第2弾ですが、「ついておいで」「キュンキュンキュン」がインストで演ってくれているのが嬉しい。この2曲は、シャープ・ホークス盤でも三根氏のマシンガン・テクニックが炸裂している。しかし相変わらず全体にイントロで曲が何なのかわかりづらい。「蒼い星くず」などは夜空の星か? と思う。やはり筆者は、寺内御大を聴いているからかね。

■1967年
若いギター 第3集 CD化
A 1. 白い雲の彼方に, 2. 若い夜, 3. 遠い渚, 4. ローマの雨, 5. 恋, 6. あの娘と暮らしたい, 7. 小指の思い出
B 1. ブルーシャトゥ, 2. 恋のハレルヤ, 3. センチメンタル・シティ, 4. 小さな倖せ, 5. 何処へ, 6. 二人の銀座, 7. 遠い海よ

一言: 「遠い渚」は名曲ですよね。ただ、このテイクはギターのせいもあり、しょぼく感じられる。10年くらい前に"ヒット・パレード"などという番組があって、なつかしい歌手たちが出演して、シャープ・ファイヴも出て、「遠い渚」を演奏しましたが、その時、三根氏のギターが「ヤマハのSG3000」を使用していた。コンプレッサーをかけサスティーンを利かした音で綺麗な音を出していた。三根氏のテクニックと相交わって、最高の曲に聞こえた。このLP全体の曲は相変わらず、取って付けたようなイントロが多い。

シャープ・ファイヴ・ゴー・ゴー
A 1. 北国の二人, 2. 霧のかなたに, 3. 風が泣いている, 4. モナリザの微笑, 5. バラ色の雲, 6. 世界は二人のために
B 1. 真赤な太陽, 2. マリアの泉, 3. 渚のうわさ, 4. ブルーシャトゥ, 5. 太陽のあいつ, 6. 渚のセニョリーナ

一言: この盤から"コロンビア"になった。タイトルが「シャープ・ファイヴ・ゴー・ゴー」と格好良くなったが、「歌のないエレキ歌謡曲」に変わりはない。ストリングスを混ぜての録音だ。筆者に言わせれば、"最悪"。もっと悪いことに三根氏のリードギターがLchのみ!! もうこうなるとイージーリスニングですね。筆者の勝手な想像ですが、レコード会社のせいなんでしょうね。エレキ・インストを何だと思っているのですかね。しかし、ジャケットはいいですねぇ。

Copyright© 2011 White Rock All rights Reserved